今さら聞けない!?仮想通貨やビットコインのシステムへの根本的な疑問を徹底解説

今更聞けない仮想通貨のこと

最近、毎日のように「仮想通貨」「ビットコイン」などとあらゆる広告を目にするようになりました。

またお笑いタレント、出川哲朗さんが仮想通貨取引所のコマーシャルに出演したことなども話題になっていましたね。

では、実際に今騒がれている仮想通貨とはどんなシステムなのか!?

今回は流行りに流行っている仮想通貨の根本的なシステムなど初心者が気になることを解説します。

仮想通貨のシステムとは

仮想通貨は実態のない通貨のことです。

日本国内の身近な例で例えると電子マネー(Suica、edy、ID、PASMO)が近い存在になります。仮想通貨と電子マネー、近いものはありますが、仕組みは全く異なります。

仮想通貨は実在はしていませんが、感覚的には円をドルに変えるように円を仮想通貨に変える感覚です。

今現在では仮想通貨を実際に使って、買い物などができる場所は限られていますが、個人間で仮想通貨の受け渡しは可能です。一方、電子マネーは円をカードの中にチャージして、加盟店などで支払う事が可能ですが、個人間の受け渡しはできません。

また各国によって仮想通貨の法的扱いは多様で、自由に取引を認めている国もあれば、取引を認めていない国もあり、扱いは様々です。

ブロックチェーンについて

仮想通貨が機能する上で最も重要な技術といっても過言ではない、システムが「ブロックチェーン」です。

別名「分散型台帳技術」「分散型ネットワーク」とも言います。

このブロックチェーンは通貨として機能し、あらゆるサービスが成り立つ上で非常に重要な技術と言われています。

仮想通貨を世界中で共有できる核になるシステム

ブロックチェーンとは仮想通貨の中核となる取引データを指します。

仮想通貨の取引履歴を「トランザクション」と呼び、そのトランザクションをまとめているのが「ブロック」です。そのブロックは数多く存在していて、それを連なるように保存された状態をブロックチェーンと言います。

このブロックチェーンは中央銀行のような管理機関が存在する訳ではなく、仮想通貨を利用しているあらゆるユーザーが管理する事が可能です。

要はブロックチェーンとは、仮想通貨の取引データを管理している仕組みのことです。仮想通貨すべての取引情報をいくつもの銀行が分散してデータを保持することで負担を減らしつつ、その間の受け渡しも自由にできる国境を越えた通貨を実現するもっとも重要な核とも言えます。

このブロックチェーン技術は世界的に評価されていて、メリットとしては多くの利用者の間でブロックチェーンを共有し合うため、特定の管理者によるコントロールは不可能な点。

また海外送金にかかるコストが大幅に削減できる。そしてブロックチェーンは暗号化されていて、データを改ざんすることが難しくなります。

仮想通貨はどこが発行しているのか

仮想なのに発行とかあるの?と友達にはよく聞かれます。例えば、日本で使用されている円は日銀が発行しています。

しかし仮想通貨は特定の管理者はいない場合がほとんどです。実際にオープンソースのような形で日々改良がされているコインもあります。

仮想通貨の取引を手伝う「マイニング」

「マイニング」は仮想通貨の採掘といった作業を手伝うことで、その通貨を分け与えられるシステムのことです。

これは仮想通貨の取引データを、ブロックチェーンに追加するための作業で、新規発行の取引データを含めたブロックを作成します。

この取引データを「コインベース・トランザクション」というのですが、この新規発行の取引データを含むブロックがブロックチェーンに格納されるとで、新規発行が行われます。

マイニングに関しては、専用アプリケーションを用いた分散処理に参加して、仮想通貨の生成ができる=発行される。というシステムのことです。

仮想通貨の取引所について

仮想通貨を売買するときには取引所を介しておこないます。

国内で利用者が多い有名どころだと以下の二社があります。

  • CoinCheck(コインチェック)
  • bitflyer(ビットフライヤー)

(※初心者の方であればまずはこの二社に登録してみることをおすすめします。)

実際取引するとなるとインターネット上で仮想通貨を購入する流れになりますが、円やドルを取引所のアカウントに入金することによって、残高分、好きな仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨は今現在1500種類以上の銘柄が存在しますが、全種類の銘柄を扱う取引所はなく、知名度やセキュリティーが万全な銘柄がメインで取り扱いされています。

初心者が気にする仮想通貨のアレコレ

仮想通貨をこれからはじめる方、はじめた方がよく口にするのが「どのコイン買えば勝てますか?」といった質問をしてきますが、それは正直誰にもわかりません。
いかんせん、今現在、仮想通貨を実際に使える場所は限られています。

近い将来、円、ドル、元などの世界の通貨が廃止され、全て仮想通貨になるという見解もあります。

実際に使うことができない通貨は通貨の意味を成しません。

今の段階で、仮想通貨全体の価格が高騰しているのは、各仮想通貨に対しての期待感のみだということです。

拭えない「仮想」の通貨という響きへの不信感

道端に1万円が落ちていたらみなさんはすかさず拾いますよね?あわよくば誰も見ていなかったら自分のものにしてしまいますよね?なぜなら1万円は日本で生きていくために必要不可欠な認識があるからです。

一方、仮想通貨は形として存在する訳でないため、そこが不信感の壁だと思います。

また円は日本が管理していて、円で取引され続けてきたため、信用性が高いです。

しかし仮想通貨には政府などの管理者は存在しないといった点や、実際の使い道がない。手元にないといった点が不信感を誘発させてしまいます。

購入した通貨の価値が「0」になる可能性は?

2018年からビットコインの相場は「1BTC:170万円-200万円」をウロウロしていて、2017年の1月はなんと「1BTC:20万円前後」と前年比約10倍と価値がゼロになるどころか、高騰しています。

しかし、こんな高騰だからこそ下落もあり得ます。場合によっては0になることも多いにあり得ます。

今現在、ここまで各銘柄に対しての高騰は仮想通貨ユーザーの期待感でここまで高騰しているため、どんなに高騰している銘柄でも使い物にならないことがわかれば、すぐに売却され、0円になることも近い将来あり得ると思っています。

また一般通貨の円やドルは現物なのに対して、仮想通貨は全てサーバー管理の元で、稼働しているため、ハッカーによるサーバー攻撃なども考えられます。

他にも、自分の仮想通貨ウォレットが何者かによるサーバー攻撃を受けて、仮想通貨の送金などが使用できなくなるといった事件が起こる可能性もゼロではありません。

言ってしまえば期待感だけで、仮想通貨に多額の資金が流入しているだけなので、使えないとわかれば0円になることだって考えられますし、インフラととして世界各国で使われる通貨となることができれば、今以上の価格に高騰することは間違いないと思います。

まとめ

仮想通貨は専門的な用語や、一見難しそうな印象ですが、理解すればするほど非常に興味深いシステムになっていて、これからの経済状況を変えていく可能性が大いにあると私は考えています。

「仮想通貨は儲かる」「仮想通貨バブルだ」なんて騒がれていますが、私は今現在、ギャンブルといった認知でいますので、のめり込みには注意していきましょう。

よろしければシェアお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です